のぼりのデザインについて

のぼりというと、「大売出し」とか「決算セール」「かき氷」というようなデザインが一般的ですが、最近ののぼりのデザインはずいぶんおしゃれなものに変わってきています。

のぼりのデザインとその効果についてまとめました。

【目立たなくても良い?】

あるのぼりの製作会社がアンケートを取った結果ですが、あのお店に入りたいと思うのぼりのデザインは、必ずしも「目立つ」ものではなかったのです。

そしてもう一つの結果は、のぼりのデザインによって支払おうとする金額が変わるということでした。

のぼりは目立つものが良いと決めつけていたところがありますが、デザインが重視されるのです。

【おしゃれなお店にはおしゃれなのぼり】

最近は、おしゃれなカフェやパン屋さんが増えました。

おしゃれなお店にただ「コーヒー」と書いてあるだけののぼりではちょっと味気ないですよね。

カフェにもぴったり合うおしゃれなのぼりをデザインして販売しているのぼり製作会社があります。

カフェ、パン屋専用のぼりや焼き肉店、居酒屋専用ののぼりなど、用途別におしゃれなのぼりが作られています。

【お店に入りたくなるのぼりを】

一般的なのぼりと、おしゃれなデザインのぼりを比べてみたところ、目立つのは一般的なのぼりですが、お店に入りたいと思えるのはおしゃれなデザインのぼりでした。

焼き肉と赤い背景に黒で書かれたのぼりと、白地に黒で焼き肉(字体が毛筆風でおしゃれ)と書いたのぼりとでは、後者ののぼりのお店に入りたいという声が多いのです。

お店に入りたいと思われるようなのぼりを作ることを心がけてデザインを決めると良いですね。

こちら参考までに…こだわりの配色にするなら必ず覚えておきたい「色の視覚効果」の影響

この記事はオリジナルデザインと既成デザインに投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。