アパートは土地と建築費の確保から

アパート建築は、どのような流れで進められていくのでしょう。

これからアパート経営をしようと考えているのなら、どんな流れで進められていくのかを知っておけばスムーズに話ができます。

アパート建築の流れについてまとめました。

●アパートの建築の流れを知る

アパートの建築は、まず土地を選ぶところから始まります。

すでに土地があるという人はこの部分は不要となります。

土地が確保できれば次に建築費用の調達の段取りをします。

必要以上に調達しても返済が大変になるだけですし、必要額に届かない程度しか調達できないようであれば建築するアパートの規模を見直さなければなりません。

着工してから思いがけない事にならないよう、アパートを建てるための建築費はどれくらいになるのかをきちんと把握しておきましょう。

依頼する建築会社とやり取りを重ね、工事の準備に入り着工、入居者の募集、そして完成となります。

●どれくらいの期間が必要か

アパートが完成するまでにはどれくらいの期間を見ていれば良いのかですが、建てようと考えているアパートの階数プラス2か月から3か月となります。

例えば2階建てのアパートを建てるのなら長くて5か月くらいと考えておきましょう。

もちろん、アパートの規模によって違いますが目安と考えてください。

●流れを知ることで予定が立てられる

何もかも建築会社に任せっきりで、言いなりになっているのではなく、自分が経営するアパートですから、どのような流れで建てられてどう動けば良いのかを知っておくようにしましょう。

そうすればいつ頃から入居者の募集をすればいいかなど、予定が立てられます。

業者がすべてやってくれるところもあるようですが、やはり自分のものなので今どうなっているのかは知っておく必要はあります。